首页 » 日本资讯 » 正文

那些被翻译成日语的杰伦唱过的歌(图文)

今天给大家带来杰伦个人前十张专辑中被翻译成日文的部分歌词

《Jay同名专辑》《可爱女人》

想要有直升飞机 想要和你飞到宇宙去

想要和你融化在一起 融化在银河里

我每天每天每天在想想想想着你

这样的甜蜜让我开始相信命运

感谢地心引力让我碰到你。

「ヘリコプターが欲しいんだ 君と一緒に宇宙まで飛んで行けるやつが

君と一緒に溶けてしまいたい 銀河の中に溶けてしまいたい

僕は 毎日毎日毎日君のこと思ってる

こんなにもフィートで 僕に運命を信じさせた

地球の引力を感謝するよ 君と巡り合わせてくれたことに」

《范特西》《上海一九四三》

消失的旧时光一九四三

在回忆的路上时间变好慢

老街坊小弄堂

是属于那年代白墙黑瓦的淡淡的忧伤

「失われた時光 1943年

記憶の中で 時間はあまりにゆっくりと流れ

老街坊の小さな路地には

あの頃の白い壁と黒い瓦 淡い痛みが残る」

《八度空间》《爷爷泡的茶》

查什么字眼

形容一件事很遥远

天边是否在海角对面

知道九岁才知道浪费时间

「どの字が

遥か昔起きたことにあたるのか調べた

天の果ては岬の真向かいにあるのかな

9歳になると僕は意味ないことを考えるようになった」

《叶惠美》《东风破》

谁在用琵琶弹奏一曲东风破

岁月在墙上剥落看见小时候

犹记得那年我们都还很年幼

而如今琴声幽幽我的等候你没听过

「誰かが琵琶で東風破を奏でている

剥がれ落ちた壁に昔の風景が呼び起こされる

今もあの年を覚えている 僕たちはとても幼かった

幽かに聞こえる琴の音 でも君には届かない 僕の待つ声が」

《七里香》《七里香》

雨下整夜 我的爱溢出就像雨水

院子落叶跟我的思念厚厚一迭

几句是非也无法将我的热情冷却

你出现在我诗的每一页

「夜通し降る雨と同じように 僕の愛もこの雨のように溢れ出す

庭の落ち葉と僕の思いが 共に降り積もっていく

たった数行では僕の気持ちを抑えることは出来ないほどに

君は僕の心の一ページ一ページに登場するよ」

《十一月的肖邦》《发如雪》

你发如雪凄美了离别我焚香感动了谁

邀明月让回忆皎洁爱在月光下完美

你发如雪纷飞了眼泪我等待苍老了谁

红尘醉微醺的岁月

我用无悔刻永世爱你的美

「あなたの雪のような髪 別れの記憶 私は香を焚き 誰に心動かす

月を仰ぎ 愛の記憶は月に白く照らされ 愛は月光の下で美しく蘇る

あなたの雪のような髪 舞い落ちる涙 老いてなお誰を待つというか

この世で微醺の歳月を過ごし

私は後悔することなく 永遠の愛を碑に刻もう」

《依然范特西》《千里之外》

屋檐如悬崖风铃如沧海

我等燕归来

时间被安排演一场意外

你悄然走开

「軒先は懸崖の如く 風鈴は深い海の如し

僕は燕が再び帰るのを待つ

時間は思いがけたい出来事を 用意しそして

君はひっそり去っていた」

《我很忙》《青花瓷》

素胚勾勒出青花笔锋浓妆淡

瓶身描绘的牡丹一如你梳妆

黯然腾香透过窗心事我了然

宣纸上皱边直尺各一半

「素焼に表れる青い花は 濃い色から薄く変わり

花瓶に描かれた牡丹の花は 君が初化粧をした時のよう

うっすらと窓に透けて見えるビャクダンは 僕の心をはっきり映し出す

書きかけのまま半紙に筆を置」

《魔杰座》《花海》

「咲き夸る花の海

思い出は波のように

打ち寄せて远のいて

心の岸辺さらってく

舞い戻れ花の海

八重に咲く涙沈めて

海鸣りよ叶うなら

あの日まで帰りたい」

这一片盛开的花海

思念就好像浪潮一般

拍打著岸边 一次次拍打

我心头的岸边

花开又花谢 这一片花海

花团锦簇的盛开 淹没了我的泪水

连海都在哭泣 如果可以实现

就让我 回到那一天吧

《跨时代》《说了再见》

说了再见以后才意识到我们再也不能相见

哪怕之前一直相信能够跨越这种距离 虽然说要赌上一切爱着你 但是有时却觉得很难 不过如今那已只意味着当时发誓永远相爱的两人

「さよならをつがってから気づく もう二度と合えないことを

この距離さえ 越えて行ける そのを信じてたからだ

全てを賭けたあなた愛し 時に難かったりもして

今はそんなすら 意味はもうたっだ 永遠を誓った二人」

发表评论